読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Do not Retreat~人生バック禁止の大学生~

免許取得3日にして事故の被害者となった大学生の書くブログです。沖縄のことや、1人暮らしについて書きます。

理系も文系も!大学生なら一度は読んでほしい本!|理系大学生のおすすめ

coke

こんにちは

今回は「100円のコーラを1000円で売る方法」という本を紹介します。

 100円のコーラを1000円で売る方法

一度は、本屋などで見かけたことがあると思います。

ほとんどの人は

「タイトルは気になったけど、買うまではいかないな~」

と思って、買わないと思います。

 

簡単に紹介すると、物語を読んでいきながらマーケティング戦略を学ぶというもの。

 

私がこの本を手に取った理由は、大学生になるまえからマーケティングというものに興味を持っていたからです。

大学ではまったくマーケティングとは関係ないことを勉強していますが、もともと

「どーしてあんな商品が高く売れるのか」

「ブランド名がなんであんな強いのか」

「そもそもタイトルが気になる」

と思って、この本を手に取りました。

初めはちょっと立ち読みして終わるつもりでしたが、内容が気になりすぎて買っちゃいました。

 

まず、気になったのは事業の定義について。

アメリカの鉄道会社が例に挙げられていて、とても理解しやすかったです。

だから、航空券を予約したときにホテルやレンタカーまで紹介されるのか....

 

お客さんの要望に完璧に答えても意味ないというのも、考えたらなるほど~と思いました。

だってそうだったら、ガムなんてあんなに商品出ませんもんね:)

 

そして、バリューポジション。

バリューポジションとは

・顧客がのぞんで

・競合会社が提供できない

・自社が提供できる

これらの価値のことです。

 

差別化することの大事さも学びました。

 

最後に今回本を読んで、一番学べたなと思ったのは、

本のタイトル通りの「100円のコーラを1000円で売る方法」です。

 

簡単にいうと

缶ビールはあんなに安いのに、居酒屋のビール一杯は高いのか

 

それは、その場で飲むという体験があるから

居酒屋という場で、美味しい料理と居酒屋の雰囲気ともにビールが飲めるからということです。

普段は全く意識していなくて、ずっとなんで高いのかな~と文句ばっかいっていました。

カラオケでのお酒が普通より高いのもこれが理由。

ステーキ屋でコーラが普通より高いのもこれが理由。

 

納得。

 

みなさんもぜひ興味を持ったら読んでみてください。

かなり、はまる。

そして、「自分ならどうするか」と頭を使う。

 

何の興味もなくて、ただただ毎日過ごしている大学生さんは騙されたと思って読んでみてください。

もしかしたら新たな発見があり、これが一番自分にむいていることかも.....

 

コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法<コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法> (中経☆コミックス)

100円のコーラを1000円で売る方法