読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

興味多き大学生の独り言

大学生ブロガーの興味をもったことをひたすら書くブログです。

考えさせられる本!大学生に読んでほしい本

Christian Books

こんにちは

春休みになって、遊びまくっています。

と思ったら、再試にひっかかってもう少し大学にとどまらないといけません.....

 

今回紹介する本は、「七十歳死亡法案、可決」です。

 

この本は現在の日本の超高齢社会を題材にした本です。

 

超高齢社会の問題は、今の若者が考えないといけない問題です。

なので、この本を通じてより深く考えてほしいです。

 

七十歳死亡法案、可決

 

私がこの本を手に取った理由はタイトルが斬新すぎたからです。

このタイトル見て気にならない人はいないでしょう

 

あらすじ

70歳になったら30日以内に死ななければならない七〇歳死亡法案が可決される。

この時、日本の財政は年金や医療費でパンク寸前。

そして、高齢者を介護する家族にまで影響を及ぼしている。

この法案が施行されるまであと2年。その中で法案に反対するものや、早く施行されないかと期待するもの、逃げ道をさがすもの、さまざまものがいた。

はたして、どうなるのか......

 

この本は読んだ後に本当に考えさせられます。

 

もし、こんな法案が近い将来通ったらどうなってしまうのか。

 

自分がこの物語の中にいたらどう思うのか。

 

「今若いからこそ本気で日本の超高齢社会の問題を考えなければならない」

そう改めて思いました。

 

みなさんもぜひ読んでください。

 

七十歳死亡法案、可決 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥648から
(2017/3/3 00:37時点)